嬉しいつながり

夏休み

子連れの方々が

朝の電車からいらっしゃいます


朝から、夕方、晩の電車まで・・・


長く、暑い、夏休み

家の中だけじゃ、持て余しますよね

お母さんたち、大変だ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


先日、チラシ配りのお兄さん(30歳前後?)が

笑顔でチラシを私の前にもってきて

「お母さん、どうぞ~」 と言った・・・

30前後の男の人から見て

お母さんか・・・ と現実を改めて知る(笑)


お母さん歴、20年

一応、子どもたちは平成生れだけど

今は、平成が平成を生む時代

昭和が平成を生む時代は、そろそろ終盤か・・


世代ギャップも、出てきた

私が育児真っ只中の頃は

育児支援のことも、まだはしりで

1人目の時は、孤独感漂っていた

ベビーカーで街を行けば、段差にイラつき

昭和のおっちゃんたちは、男尊女卑感たっぷりで

子連れに厳しい視線と態度を見せてくれた

(そんな人ばかりではないとは思いますが)


もう、育児なんて嫌だ

私には重すぎる、と何度も思って

放棄したくなった


ーーーーーーーーーが、

最近の子育てをしてるお母さんの話を聞くと

「毎日が楽しいーー」

「子どもが可愛くて仕方ない!」

「疲れるけど、がんばれる」

等々、なんとも嬉しい言葉ばかりを聞く


電車内で見かけるお母さんたちも

さすがに、この暑さでバテてはいらっしゃるけど

だけど、なんていうか、にこやかで、落ち着いていて

子どもたちの接し方が立派なのだ


時代の流れなんだろうか・・・

男性の育児参加も、メディアからの情報もあり

抵抗なくやっているようにも見えるし

育児グッズや、育児支援施設、サポーター、等々も

充実してるように思う

実際、私も、ストレッチヨガをしに、育児支援のところへ出張レッスンしてるし


20年前とは、やはり違ってきてるんだな、と思う


それを支えて、事を動かしてるのは

私たちの世代(だと思う)

自分たちが困ってきたから

その影響が子どもたちにもあるから

未来のために

子どもたちのために

と、行動をしてる方々がいらっしゃる


その時には、よくわからず

これでいいんだろうか。。と自問自答する日々だけど

時が経てば、大きな力になっている


車内で見かける親子の様子を拝見しながら

それを支えてる人々

受け継いでいく見えないつながりに

温かく嬉しい思いを寄せる

私も、まだ貢献できるかな?・・


合掌

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
プロフィール

huarong-yoga

Author:huarong-yoga
ストレッチヨガ~huarong~
アンシー’sストレッチヨガ研究会
認定インストラクター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ